後期研修医の先輩からのメッセージ

神戸大学医学部整形外科 Kobe University Orthopaedic Surgery

English サイトマップ
  ホーム Home

黒田良祐 教授 Prof. Ryosuke Kuroda

スタッフ Staff

整形外科教室の歩み Department of Orthopaedic Surgery

研究・業績 Research and Results

臨床研修を希望される方へ To Residents,Fellows,and Student

患者様へご案内 To Patients

同門会専用ページ Exclusive use for Alumni Association

  先輩医師からのメッセージ

平成30年入局   平成29年入局   平成28年入局   平成27年入局   平成26年入局    

平成25年入局   平成24年入局   平成23年入局   平成22年入局   平成21年入局    


平成28年卒
荒木 祥太郎
 

初めまして。平成28年度卒業、平成30年度に神戸大学整形外科に入局した荒木祥太郎と申します。
出身大学は大阪医科大学で、その後、関西電力病院で2年間初期研修を行いました。もともと父親の影響もあり、整形外科の道に進むことは決めておりましたが、どこに入局するかで大変迷いました。初期研修でお世話になった病院に残るか、母校に戻るか、地元の神戸大学に進むかといった様に。最終的には神戸大学にお世話になることを決めましたが、何よりも医局の雰囲気や上の先生方の親しみやすさ、当時の3年目の先生方からの勧誘が決め手となりました。さらに、入局してから感じたこととしては、他大学出身者など関係なく、丁寧にご指導頂け、充実した日々を送る事ができていると思っています。

おそらくここを見てくださっている皆様も悩んでおられると思いますが、一度見学に来られて雰囲気を見て、感じていただければと思います。また、お会いできる日や一緒に働ける日を楽しみにしております。




平成28年卒
飯盛 信哉
 

初めまして、平成28年卒、平成30年入局の飯盛信哉と申します。
神戸大学医学部を卒業後、神戸大学医学部付属病院たすきがけコースで1年目を北播磨総合医療センターで、2年目を神戸大学病院で研修しそのまま整形外科に入局させて頂きました。私自身は、学生から整形外科に興味があったものの、他の外科分野にも興味があり、特に初期研修1年目の時は進路に迷っていました。しかし、2年目で整形外科をローテートさせて頂いた際、上級医の先生方の丁寧で手厚い指導を受け、また飲み会等では気さくで楽しい雰囲気を実感し、この医局に入って後悔することはないとだろうと入局を決心しました。現在入局してまだ1カ月程度しか経っておりませんが、日々充実した生活を送らせて頂いております。
神戸大学整形外科の魅力は、①同期が多い、②関連病院が多く充実した研修プログラムを組むことができる、③スポーツ整形をはじめとして分野が多岐にわたっている、の3つが挙げられると思います。特に①については私たちの学年は23人と近年稀にみる人数の多さでしたが、多くて困ることはなく、日々切磋琢磨し、時に息抜きに遊んだりすることができています。
私のように将来の進路に迷っている方も多いと思いますが、整形外科に少しでも興味があればぜひ一度見学にいらしてください。皆さんと働けることを心よりお待ちしております。





平成28年卒
江原 豊
 

はじめまして。平成28年卒業の江原豊と申します。神戸大学を卒業後、神鋼記念病院で初期研修を修了しこの度神戸大学整形外科に入局いたしました。もともとは消化器内科志望でしたが研修中に整形外科の面白さを知り、勧誘していただいたこともあり、神戸大学に入局させていただくこととなりました。右も左もわからない状態でしたが、同期のサポートや素晴らしい先輩方、先生方の手厚いご指導のため充実した研修生活を送らせていただいております。入局して感じたことは、先輩方、先生方の指導やサポートの手厚さです。専攻医になることはとても不安でありプレッシャーでもありましたが、困ったことや分からないことがあると、その都度暖かくサポートしていただいております。同期にも恵まれており、お互い助け合い切磋琢磨し合いながら研修できています。また神戸大学整形外科は関連病院も豊富で研修プログラムも整っています。整形外科を志すにあたり素晴らしい環境があるため、迷われている方も神戸大学整形外科は入局して後悔することはないと思います。ぜひ一度雰囲気を感じに来ていただけますと幸いです。皆様と働ける日を心待ちにしています。





平成28年卒
大澤 慎
 

初めまして、平成28年卒業の大澤 慎と申します。
福岡大学医学部卒業後、一般財団法人甲南会甲南病院で、2年間の初期研修を修了し、平成30年神戸大学整形外科に入局致しました。
私は、小学生の頃から現在も野球を続けており、その中で様々なスポーツ障害に出会ったことがきっかけで、医師を目指し、初期研修終了後は、迷うことなく整形外科への入局を決めました。
中でも、様々なプロスポーツチームのチームドクターを担っており、且つ、若い頃から現場で多くの経験を積むことが出来る環境に魅力を感じ、神戸大学整形外科に入局を決意しました。
まだ入局後数ヶ月ですが、すでに野球やアメリカンフットボールなど様々なスポーツの場に帯同させていただいています。
素晴らしい上級医の先生方、沢山の同期に囲まれ、大変恵まれた環境で、後期研修をさせていただいていると実感しております。
このページをご覧になっているということは、神戸大学整形外科に興味をお持ちのことだと思います。
出身大学や入局してからの進路など、数々の不安をお持ちだとは思いますが、見学に来て頂ければ、入局者数の多い理由、現場でないと伝わらない魅力にご納得いただけると思います。
是非一度見学にいらして下さい。

皆様とお会いできることを楽しみにしております。




平成27年卒
大月 悠平
 

はじめまして。平成27年卒業、平成30年入局の大月 悠平と申します。
私は神戸出身で愛媛大学卒業後、沖縄南部徳洲会病院で3年間勤め平成30年4月より神戸大学整形外科に入局させて頂きました。
学生の頃から整形外科になりたいと考えておりこの度地元でありスポーツ整形が盛んな神戸大学への入局を決めました。
見学等なにもしていなかったのでなにもわからない状態からのスタートでした。
ですが働き始めてみると上級医の先生方がとても親切に指導してくださり、今ではヴィッセルの試合結果について笑いながら話しています。
これから色んな病院をローテーションし沢山の症例を学んでいきたいと、とてもワクワクしています!
また、整形外科にはサッカー部があり練習参加させて頂いております。社会人になっても真剣にサッカーすることができて毎回の練習をとても楽しみにしています!
研修医の先生方も是非見学に来て頂いて実際に見ていただければ幸いです!
いつか病院やサッカー部で会えるのを楽しみにしています!





平成28年卒
小原 彬寛
 

初めまして、平成30年度入局の小原彬寛と申します。
私は高知県生まれ、岡山大学卒業後、初期研修は岡山県の水島中央病院でさせていただきました。神戸大学整形外科への入局を考える際に他大学出身ということもあり不安もありましたが、実際に入局してみると神戸大学整形外科は様々な大学出身者がおられ同期にも他大学出身者が多く、上級医の先生方も丁寧にご指導していただき、とても充実した研修を送ることができていると実感しております。

もし、どこの整形外科に行くか迷っている方は是非一度、神戸大学に見学に来てください。神戸大学整形外科の様々な魅力を少しでも感じていただけたらと思います。また皆様と一緒に働けることを心待ちにしております。




平成28年卒
蒲地 正宗
 

平成28年度卒の蒲地正宗と申します。私は大阪市立大学を卒業後、東京の国際医療福祉大学三田病院で研修し、平成30年4月に神戸大学整形外科に入局しました。入局するにあたり、東京で研修していたこともあり、数多くの病院が候補にあがりました。みなさんの中にも悩まれている方はいらっしゃることと思います。
その中で私が神戸大学に決めた理由を簡単に述べさせていただきます。
まず、門戸が広いということです。他大学出身ということでためらわれている方もいらっしゃるかと思います。そんな心配は一切無用です。神戸大学の先生方は出身大学ではなく、私達それぞれを見て下さり、大切にして下さいます。これは見学などのときからすごく感じていたことですが、入局してからも日々実感しています。実際に他大学出身者が多いこと、私自身が他大学であることが何よりの証拠です。
次にみなさんそれぞれvisionをお持ちだと思います。神戸大学ではそのvisionに合った道を選択することが可能です。これはマンパワーが豊富であること、数多くの分野で活躍されている先生方がいらっしゃることで可能になっているのだと思います。そのため先生方は非常に生き生きと仕事をされています。一度きりの人生ですからみなさんもやりたいことを叶えられる環境でぜひ働かれてみてはいかがでしょうか。
そして、何より神戸大学は笑顔が多く、明るい環境です。実際働く上でこれは非常に大切なことだと思います。同じ仕事をするにしても暗い職場より明るい職場の方がいいに決まっていますよね。

長くなりましたが、一言で言えば神戸大学は「あなたらしい整形外科医」になれる環境が整っております。ぜひ一度見学にいらっしゃって、その一部を味わってみて下さい。それではみなさんと一緒に働ける日を楽しみにしております。




平成28年卒
琴浦 健
 

はじめまして、平成28年卒の琴浦 健と申します。
私は京都府出身で北海道大学農学部農業工学科卒業後、飲食業界で主に調理師として働いた後、学士編入にて弘前大学医学部に入学致しました。初期研修は静岡県立総合病院で行い、この度平成30年に神戸大学整形外科医局に入局致しました。
幼少の頃からサッカーをしており、水泳、柔道、マラソンといった競技も行っていたことから、スポーツの楽しさと共に、怪我によるスポーツができない苦い経験もしており、スポーツ選手の競技復帰に携りたいとスポーツドクターの道に進むことに決めました。
現在は、サッカードクターとしてマッチドクターや会場ドクターといった仕事を行いながら、スポーツグループの先生の下で、スポーツ診療についての勉強をさせて頂いております。
神戸大学整形外科は、スポーツ整形領域の疾患に対する幅広い知識と経験を有しており、国内外のトップレベルの選手が受診されておられます。また、西日本初のFIFA認定施設にも指定されており、プロサッカー選手も数多く受診されておられます。また、サッカー部では、日整会サッカー大会優勝に向けて、平日の仕事後や休日に集まり練習を行っております。
大学医局というと小説やドラマの影響で堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、入局時のBoot campで新入局員と共に訓練を受けられた黒田教授をはじめ、諸先生方はグループを問わず、みなさん大変フランクに接して頂いております。また、日々の診療で困った際には所属グループの先生方はもちろんのこと、大学院の先生や後期研修医の先輩方がサポートして頂けるといった環境です。そして、同じ志を持った多くの同期にも恵まれ、スポーツドクターを目指している方には、この上ない環境であると思われます。
このホームページを見て、少しでも興味を持たれた方は是非一度病院見学にいらして下さい。みなさんと一緒に働ける日を楽しみにしております。





平成28年卒
瀧上 俊作
 

はじめまして。平成28年卒の瀧上俊作と申します。私は神戸大学を卒業後たすき掛けコースに入り、1年目は北播磨総合医療センター、2年目は神戸大学で研修をしておりました。元々運動が好きであったため整形外科に興味を持っていましたが他科に迷っていた診療科もあり決めきれずにいました。大学研修中に整形外科をローテーションさせていただいた際に、先生方の人柄やアカデミックに日々診療に携わっている姿を見て自分もこうなりたいと思い入局しました。実際入局してみて、同期がたくさんいて助け合ったり意見交換をしたり、スタッフの先生方に丁寧に指導していただいたり充実した毎日を送れております。

 僕らの同期の人数が多いことからも分かるように、神戸大学整形外科は医局員数も多いため、マンパワーがあり様々な分野に関して研究・診療を行っています。整形外科に少しでも興味がありましたら、一度見学に来てみてください。将来、神戸大学整形外科で共に働ける日を心待ちにしております。




平成28年卒
中林 大治
 

平成28年卒の中林大治と申します。
出身大学は和歌山県立医科大学で、神鋼記念病院で初期研修を2年間行いました。出身が西宮であり、将来も兵庫県で医療に従事したい希望や海外への留学をしてみたい希望があり神戸大学整形外科への入局を決めました。
整形外科医としての知識も経験もなく、また他大学出身であったため働きはじめた時は不安でした。しかし、自分と同じように他大学出身の同期も多く、指導医の先生方は親切・熱心に教えて頂けるので当初の不安は全くなくなり充実した日々を送っています。
神戸大学整形外科には上肢、スポーツ、人工関節、脊椎、外傷、腫瘍、救急など多くのグループがあります。全身を診る整形外科の中で特に自分の中で興味のある分野が見つかると思います。病棟や外来の雰囲気も明るく、そこも整形外科の魅力だと思います。文章では雰囲気まで伝わらないと思いますので是非一度神戸大学整形外科へ見学にいらして下さい。お待ちしております。


 
ページトップ
ページトップ