患者様へのご案内 患者様へのご案内

患者様へのご案内

外傷

    • 新倉 隆宏
    • 准教授

      新倉 隆宏

      Takahiro Niikura, MD

      • (平成 9年卒)
      • ●日本整形外科学会専門医

        ●日本整形外科学会認定スポーツ医

        ●日本骨粗鬆症学会・認定医

    • 大江 啓介
    • 助教

      大江 啓介

      Keisuke Oe, MD

      • (平成 12年卒)
      • ●日本整形外科学会専門医

        ●日本整形外科学会認定スポーツ医

        ●日本整形外科学会認定リハビリ医

        ●日本整形外科学会認定リウマチ医

    • 福井 友章
    • 医員

      福井 友章

      Tomoaki Fukui, MD

      • (平成 15年卒)
      • ●日本整形外科学会専門医

        ●日本整形外科学会認定スポーツ医

  • ▲外傷グループ

外傷グループは、他院からご紹介頂くことの多い骨癒合不全(偽関節、遷延治癒骨折)、外傷後の感染、骨髄炎、変形治癒といった外傷に起因する難治骨折症例の治療や当院救命救急科へ搬送されてくる骨盤骨折、開放骨折、多発骨折などの重度外傷症例の治療にあたっています。2018年10月からは「外傷センター」を設立し、救命救急科と密に連携を取りながらより多くの外傷患者さんの治療にあたっています。また、難治骨折症例に対しては「難治骨折診」を開設しており、手術の必要性の有無に関わらず、それぞれの骨折の状態に応じて、最適な治療を実施しております。詳しくは、難治骨折診のページを参照下さい。

難治骨折診

手術においては、髄内釘、プレート、スクリュー、創外固定など各種骨折固定方法に精通し、確実な骨折固定を実施しています。最新鋭の手術機器を取り揃えています。骨延長術、骨移植術、変形矯正手術など特殊な手術も実施しております。手術方法も日進月歩であり、常に最先端の手術を実施するよう心がけています。一方、最先端であることにこだわるだけでなく、患者さんにとってできるだけ快適な手術を行うことをモットーにしております。術後のリハビリテーションが順調に進むことまで考慮して手術方法を計画しています。

  • X線透視下骨接合術
    ▲X線透視下骨接合術
  • 外傷グループ
    ▲外傷グループ
  • 骨盤骨折術後レントゲン
    ▲骨盤骨折術後レントゲン
  • 創外固定術手術のレントゲン像
    ▲創外固定術手術のレントゲン像
  • 脛骨髄内釘手術のレントゲン像
    ▲脛骨髄内釘手術のレントゲン像

偽関節の新たな治療法の確立のため、2009年11月から2012年3月まで、CD34陽性細胞移植という再生医療の手法を用いた先端医療を行いました。これはポートアイランドの先端医療センターと神戸大学整形外科の共同研究として行った臨床試験で、7例の患者さん全員で骨癒合が得られ良好な結果が得られました。次の段階として、厚生労働省に届け出て新しい治療技術の承認を得るための医師主導治験である「下肢難治骨折(偽関節)に対する骨・血管再生療法」を、当院整形外科で行っています。この治療法は、患者さんの末梢血からCD34陽性細胞という骨形成にも血管形成にも作用する細胞を採取し、これを手術時に偽関節部に移植するというものです。このCD34陽性細胞移植による骨・血管再生療法の治験に参加いただける患者さんを現在、募集しています。 治験に参加いただく患者さんは、脛骨骨幹部骨折の方15名、大腿骨骨折の方10名を予定しています。
治験参加希望の方は、 http://www.ibri-kobe.org/fracture/ をご覧ください。

また、私たちは、動物実験で骨折の治癒を良くする効果がみられた「炭酸ガス療法」に対し、骨折患者さんの通常の治療に追加して行い、その有効性と安全性を確認する臨床研究を神戸大学病院にて実施しました。現在その成果をまとめており将来的には、骨折を早く治す、より確実に治すといった用途の、標準的な骨折治癒促進法とすべく研究を継続しています。

外傷専門外来「難治骨折診」は月曜・火曜・木曜・金曜日の午前中に予約制で診療を行っています。他の病院で治療を受けられたことがある患者様は紹介状・画像フィルムなどをご持参頂くことをお願い致します。また、外来途中で救急患者搬送や、緊急手術が行われることも、治療グループの性格上あり得ますので、その場合は長時間お待ち頂くことや、診察日の変更をお願いすることもありますが、何卒ご理解ください。

【臨床研究】

現在、当グループで行っている臨床研究です。
下記の研究課題をクリックすると詳細内容をご覧いただけます。